1. HOME
  2. お知らせ
  3. 令和3年度宮城県保育協議会 公立保育所(園)・公立認定こども園等トップセミナー報告

新着情報

News

研修会関連

令和3年度宮城県保育協議会 公立保育所(園)・公立認定こども園等トップセミナー報告

11月22日(月)に開催された公立保育所(園)・公立認定こども園等トップセミナーのご報告をいたします。

宮保協 公立保育所(園)長部会主催の上記セミナーがホテル白萩で開催されました。

このセミナーは全国保育協議会の「公立保育所等トップセミナー開催支援助成金(都道府県・指定都市分)」の助成を受けて開催されました。

午前中は前 全国保育協議会 保育施策検討特別委員会委員長の こどものくに園長 佐藤秀樹様を青森よりお招きし、基調報告をいただきました。「子ども・子育て支援新制度」が施行されて7年目の今、解決されていない課題が山積するなかで、私たちは何を大切にしなければならないかを再確認する貴重な時間となりました。

午後は宮城学院女子大学 准教授 松原弘子先生をお招きし、「これからの保育ソーシャルワークを考える」というテーマでご講話をいただきました。『まだ大丈夫と見える人の辛さ、苦しさに気づくことが大切』『言葉は態度から出る。保護者への「言葉かけ」が伝わるかどうかは保護者と向き合う「態度」で決まる。後輩の指導では「態度」を意識することが大切』というお話があり、一人一人が自分を振り返る機会をいただきました。

今年度は、感染症対策の為、集合型研修が中止になり、初めての会場研修でしたが、53名の方が参加して有意義な時間を過ごすことができました。

最新記事